医療体制

医療行為の必要な方の受け入れについて

サービス付き高齢者向け住宅に住むことを検討されている方がまず気にされるべきなのは、 介護・医療についてどれだけしっかりしている施設なのかという点です。
サービスつき高齢者向け住宅楽都は、訪問介護・看護などの事務所が同一建物の1階にあるため、迅速な対応が可能な体制を整っています。

また、同じ四国中央市内の医療機関とも提携しており、定期検診などの通院から救急などの対応まで連携の取れた対応ができますので、安心して暮らすことができます。

提携医療機関:四国中央市内医療機関

症状 受入 症状 受入 症状 受入
介護食 流動食・嚥下食 リハビリ
糖尿
インスリン
胃ろう 鼻腔
経管栄養
ストーマ
人工肛門
在宅酸素療法 人工呼吸器
褥瘡
床ずれ
たん吸引 人工透析
気管切開 中心静脈栄養(IVH) カテーテル
尿バルーン
ペースメーカー 筋萎縮性側索硬化症(ALS) 誤嚥性肺炎
喘息・気管支炎 肺炎 結核
疥癬
(かいせん)
梅毒
(ばいどく)
ヒト免疫不全ウイルス感染症(HIV)
ブドウ球菌感染症(MRSA) アルツハイマー型認知症 脳血管性認知症
前頭側頭型認知症・ピック病 レビー小体型認知症 パーキンソン病
廃用症候群
生活不活
うつ病 統合失調症
リウマチ
関節症
骨折
骨粗しょう症
脳梗塞
脳卒中
クモ膜下出血
心筋梗塞
心臓病
狭心症
がん・末期癌

(○可能・△要相談・✕不可能)

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks